邑楽土地改良区による29号水路の浚渫工事

浚渫トップページゴミだらけの田んぼ@ABCDEFG危険物写真集排水パイプが埋められたデコボコ浚渫土は肥料分が多い工事の必要性?経過

邑楽土地改良区による板倉町細谷地区の29号水路の浚渫工事では浚渫土を田んぼに撒きました。田んぼは悲惨な状態になりました。

はじめに

このホームページはゴミだらけの浚渫土を田んぼに撒かれた惨状の記録とその対応・取り組みを紹介しています。
このホームページは細谷の田村安男が作っています。浚渫土を撒かれた田んぼ2枚でお米を作っています。

このホームページを作った理由

29号水路の浚渫土を撒かれた田んぼは稲を作るには困難な田んぼになりました。

稲を作るために問題の解消をまず最初は地元の理事さんに、次に理事長さんに、最後に文書で邑楽土地改良区にお願いしましたが聞き入れてもらえませんでした。
浚渫土を撒かれた田んぼの悲惨な状況が理解されていないのだと思いました。
そこで実態を知っていただくにはたくさんの写真画像を使ったホームページが最良の方法だと思いました。

ホームページを閲覧していただきましたが問題の解消には対応していただけませんでした。

しかし、ホームページ公開後に邑楽土地改良区で浚渫土を撒いた田んぼの耕運・ゴミ拾いを何回もおこなったこと、何人かの田んぼを代掻きしたことをみると悲惨な状況を理解してくださったのだと思いました。
5/17に理事長さんとお会いしたとき「ゴミがこんなにあるとは思わなかった」とおっしゃっておられました。

結局、私の田んぼの問題の解決は自分と妻でたくさんの時間と労力を費やして対処しました。

何回ものゴミ拾い、土壌分析をJAに依頼そして施肥設計、均平化のための代掻そして固まってからの施肥・耕運、をおこなって本代掻きとなりました。
野菜の収穫出荷作業、野菜の栽培品目の切り替え時期、稲の育苗時期、田んぼは代掻きの準備と非常に忙しい時期です。なんとかやりくりしておこなったことです。
膨大な量のゴミがありましたが大部分は妻が拾いました。


閲覧は横幅が1600ピクセル以上のモニターがお勧めです(画像は1,600px × 1,200pxが多いです)。
スマートホンでもストレスなくご覧いただけるように作っていますが画像が大きいために細かい部分のご理解は難しいです。
(画像はインターネット用にファイルサイズの縮小化をおこなっています)

2018年3月に29号水路の浚渫工事がありました。

浚渫(しゅんせつ)とは、水路の底に溜まった土砂を浚(さら)って取り去る土木工事のことです。

浚渫工事をした29号水路の場所
群馬県邑楽郡板倉町細谷 地区
実施者は
邑楽土地改良区
〒374-0111 群馬県邑楽郡板倉町海老瀬6122

概要

浚渫工事前の説明

当初は水路に溜まった土を田んぼに置かせてもらい、後に運び出すということでした。

その後、地元の理事さんから
運び出すことを中止してその田んぼに撒かせて欲しい。
平らにするし、浚渫土に混じっているゴミは1つ残らず拾い出すからということでした。

浚渫工事の結果は説明とは真逆な結果になった

浚渫土を撒かれた田んぼは稲つくりが困難な田んぼになった。

5月7日現在、保有しているゴミのすべて

このホームページで紹介しているすべてのゴミを保有しています。
最初にゴミ拾いした分は分別して町のゴミ処理に出しました。かなりありました。このゴミはこのホームページでは紹介していません。

ゴミだらけの田んぼ@ABCDEFGでゴミの内容を詳しく紹介しています。

5月4日までのゴミ(奥側が危険物、手前がビニール類)

5月5日と7日のゴミ(左が危険物、右がビニール類)

浚渫工事した29号水路の位置
群馬県邑楽郡板倉町細谷
浚渫工事をした農業用水路・29号水路

私の田は黄色で囲った田んぼと水色で囲った田んぼ。赤矢印は浚渫土を置いた状況。
浚渫工事をした農業用水路・29号水路

浚渫工事後の29号水路  水路は綺麗になったが・・(右は悲惨な【3】の田んぼ)
浚渫工事後の農業用水路・29号水路

浚渫工事後の29号水路  水路は綺麗になったが・・(右は悲惨な【2】の田んぼ)
浚渫工事後の農業用水路・29号水路



田村安男
ystmr@nifty.com
http://ystmr.la.coocan.jp/

最終更新日時